根気な張り込み

ラブホテルや浮気相手の自宅に対象者が入った場合、私達は出る時間を予想します。

単純に張り込みを継続すれば出る写真(証拠)を押さえることが出来るのですが、場所によっては張り込みも容易に行えない場合もございます。

harikomi-250x190

ラブホテルでは長居すると注意を受けますし、浮気相手宅では近所の住民に不審者と思われその場を退かないといけないことにもなります。

もし出る時間が判っていれば上記のようなことも避けられます。

例えばラブホテルに入る場合、ホテル内の飲食料は高いため大抵のカップルはコンビニに寄ります。

調査員はそのときを必死になり、確認します。

それはコンビニで何を購入するかです。

大抵は購入した物や量で滞在時間が判ります。

例えば夕方に弁当を購入しラブホテルに入った場合、小一時間で出ることは考えにくく、ある程度は長居しますし、アルコールを購入した場合は宿泊の可能性が高くなります。

逆に飲み物だけしか購入せずに入った場合は1時間ほどで出ることが考えれます。

とは言ってもあくまでも参考であり、基本は張り込むに尽きるのですが・・・。

私達は出るときのシャッターチャンス逃さないように集中力を欠かさない努力の以外に外部からの注意をされないかひやひやする神経の2つの事と戦いながら張り込みを行っています。(汗)

ブログ担当・探偵E

熊本の探偵はヒューマンリサーチへ

 

 

タグ

2015年6月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

GPSレコーダー

浮気をしているかわからない状況で調査を依頼するのはリスクがあると思います。

まずはご自身で確かめて依頼するのも一つの手段です。

方法は夫(妻)の車両にGPSをつけて行動をみます。

仕事帰りや、休みの日の外出した時などの行動がわかれば浮気をしているかどうか判断できます。

「急に仕事になった」、「会合に行ってくる」、「飲み会で遅くなる」、「友達と約束がある」

本当に行っているのかな?

もし証言と違う行動があれば浮気の可能性大です。

当社ではGPSの販売も行っております。

GPSレコーダーを使えば対象者の動きが手に取るようにわかります。

gpsd

詳しくは当社までお問い合わせください。

熊本の探偵はヒューマンリサーチへ

 

タグ

2014年7月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

探偵がみた浮気の現場の修羅場

浮気調査を行う目的は人それぞれにあります。

離婚のための証拠取得、相手に認めさせるため、別れさせるための話し合いをするためなど様々です。

当社での浮気調査は年間100件を超えますので様々な状況をみてきました。

中には浮気現場に突入される依頼者もおられます。

ラブホテルから出てくる夫を待ち伏せして現行犯逮捕?です。

当然、現場は修羅場です。

1ffeb87f9bfa72b215a8081ea736d273

夫の髪を引っ張り、びんたの連打・・・。

私たちは依頼者からの要望(依頼している事は知られたくないため)でただ見ているだけで止めに入ることも出来ません。

その後、夫の浮気はなくなったようです。

この場合は吉と出ましたが、基本、依頼者自身の現場への踏み込みは頂かないようお願いしております。

なぜなら、その時はスカッとしますが、悪い結果になられた方が多いからです。

中には取り逃がして、完全否認をされた方もおられますし、浮気を止めさせるどころか、逆に夫婦仲が悪くなった方もおられます。

離婚をするならなお更です。

重要なのは証拠です。

大事なのはその時の感情よりも将来です。

熊本の探偵はヒューマンリサーチにお任せください。

 

タグ

2014年6月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

熊本における浮気調査事例・・・帰らない夫

相談内容

現在、夫とは別居中で、週に一度も帰ってこない事もあります。

別居といっても、仕事上の単身赴任であり、婚姻仲はいいのですよ。

しかし、ここ最近になっていきなり夫から離婚の話がでたのです。

私は、心当たりはなく頭が真っ白になりました。

友人に相談すると「女性がいるんじゃない」と言われました。

私としては全くその疑いがなかったのですが、夫が帰ってきてお風呂に入っている隙に勇気を振り絞り携帯をみたのです。

すると、私は悔しい思いと絶望から震えと涙が出てきました。

女性とのやり取りのメールがあったのです。

その内容は「早く帰ってきてね」、「今仕事おわったよ」、「好きだよ」などです。

girl_02_320x481

私は直ぐにでも夫に問いただそうと思ったのですが、友人のアドバイスで証拠を押さえることが頭にあったのでグッと怒りを押し殺しました。

夫はプライドが高く浮気をしていても認める性格ではありません。

それで私は万が一の離婚のときに備え、証拠を集めることに決めました。

調査方法

今回、離婚に発展する傾向が高く、夫は否認をすることも考慮される。

よって、複数回の不貞行為の証拠を押さえなければいけない。

状況から、女性との同棲も推測されるが、そうであれば日常的な生活の証拠も必要となる。

よって、まずは行動パターンをデータ化し、離婚に必要な証拠のみの取得を行うことで費用の削減(お客様の負担を最低限におさえる)を行う。

調査結果

対象者が自宅に帰ってきた旨の連絡をご依頼人から受け、調査開始。

翌日、対象者が自宅から移動を始める。

対象者は、仕事現場へと向かう。その後も仕事を続けるため、一旦調査を解く。

夕方から調査再開。

仕事現場から対象者が移動を始める。

対象者はパチンコ店へと向かう。

パチンコ店より出てきた対象者は某アパートへと進行する。

対象者は同アパート近辺に位置する月極駐車場に駐車し、降車してくると同アパート「000号室」に入って行く。

翌日、早朝より同アパートの張り込みを行う。

同アパートから対象者が出てくると同車両に乗車し移動を始める。

同アパートでの張り込み調査を継続する。

同アパート「000号室」より30代と見受けられる女性が出てると「トヨタ0000」(熊本ひ0000)に乗車し移動を始める。

同女性車両は某会社へと進行する。状況より同女性の勤務先と窺える。

その後も調査を継続した結果、対象者は「株式会社0000」勤務の「0000美」と不貞行為の関係が判明。

対象者は浮気相手と同棲しており休日には旅行などに出かけ、仲むつまじい様子であった。

浮気調査担当・熊本の探偵G

 

 

 

 

タグ

2014年5月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

夫からの浮気調査依頼(親権編)

最近では男性(夫)からの浮気調査の依頼が増えています。

これは女性も男性同様、仕事をしている人が増えたことに要因があると思われます。

殆どの方が浮気相手との出会いが職場にあるからです。

男性からの依頼理由は様々ですが、その中で目立つのが「親権を勝ち取りたい」との理由です。

親権を決める基準としては下記などが述べられます。

(1)子どもに対する愛情

(2)収入などの経済力

(3)代わりに面倒を見てくれる人の有無

(4)親の年齢や心身の健康状態など親の監護能力

(5)住宅事情や学校関係などの生活環境

(6)子どもの年齢や性別,発育状況

(7)環境の変化が子どもの生活に影響する可能性

(8)兄弟姉妹が分かれることにならないか

(9)子ども本人の意思

然しながら、親権は無条件で母親が有利なのが現状でこれからも変わりはないでしょう。

それではなぜ、親権問題に浮気調査が関係するのか。

浮気自体は夫婦間の問題であり、子供とは無関係ではありますが、子供の福祉や子供に対する愛情、環境の変化による子供の生活影響を考えると無関係とは言えません。

例えば、親に子供を預けて男性と浮気をしていたり、夜中に浮気をしているなどであれば子供への愛情を疑われます。

又、離婚後、その浮気相手と再婚ともなれば環境の変化により子供に与える影響もよくありません。

子供は、両親が一緒にいることが何よりも幸せであるのに片方の非(浮気)が理由で離婚。

その離婚を決定づける理由である浮気をしている母親に親権を委ねていいのでしょうか?

自分の欲のために、子供や家族を犠牲にする人に大事な子供の将来を託せるとは考えられません。

このような状況でお客様(父親)が必死になり、言われます。

「慰謝料なんかいりません・・・しかし、親権は絶対に相手には渡せません」

1f39937348133fcc7f03540d487841c51

母親が断然に有利な親権問題で相談時、当然に浮気の証拠もありませんので、父親が親権を勝ち取れるのはほぼ0%と言っても過言ではありません。

私たちはこのような相談を受けるとなんとしてでも親権を勝ち取って頂きたいという思いが溢れてきます。

では過去の例で実際はどのようになったのでしょうか?

2012年度の浮気調査の案件の中で上記のように「親権をとりたい」との意向で受調して件数は熊本本社で8件でした。(当然、対象者(母親)は断固として親権を譲る気はない状況です)

その中で実際に浮気をしていた案件は7件。

当社が取得した証拠を元に協議離婚で親権を争われた方は4件、調停離婚1件、裁判離婚2件でした。

それでは実際に依頼者(父親)が親権を勝ち取られた方は、ずばり6件です。

これは私たちが言うのもおこがましいですが率直に凄い事と思います。

依頼を受けた当初は私たちの見解で依頼者(父親)が親権取得はほぼ0%でした。

もし、ご自身や、まわりのかたで親権を諦めている父親がおられるのであればぜひご相談ください。

記事担当・熊本の探偵K

タグ

2014年4月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

このページの先頭へ

イメージ画像