浮気調査事例170909

相談

妻と離婚を前提に別居することになりました。

妻は私の性格や態度が許せないと言っていますが、今に始まった事ではありませんし、私的には離婚をする程の事ではないと思うのです。

別居になり、周りに相談すると、ある友人が「浮気では」と言いました。

私は今まで妻の浮気を疑った事は一度もありませんが、言われてみるといくつか不審な点が思い当たったのです。

1つ目はここ数ヶ月妻の下着がセクシーな下着に変わっていたこと。

2つ目は不仲が原因かもしれませんが性生活が数ヶ月なくなった事(妻が拒んでいました)

3つ目は半年前に妻がバイトをはじめた事(バイト先で知り合った男性?)

4つ目は友達と飲みに行くと言い、外出が増えたこと

私は離婚はしたくありません。

しかし、妻の気持ちが変わらず、もし本当に浮気であれば離婚します。

そして、妻と男性から慰謝料を請求します。

調査方法

対象者(妻)は土、日以外の日中はバイトに言っており、実家に居住中である。

当然、依頼人(夫)は対象者の監視が出来ないため、行動が掴めないし、何時接触するかも想定不可能。

上記状況から単純に調査を入れても無駄な日も出てきて依頼者の負担が大きくなる事も懸念される。

よって、対象者の車両の動きを機械で監視し、不審な行動があった時に調査を入れ、男性と特定する。

万が一、男性の車両で行動しているようであれば、男性車両の監視に移行し、不貞行為の証拠収集を行う。

無駄な張り込みをカットし、調査時間を証拠取得のために使い費用を最低限に抑える。

調査結果

結論から言うと黒でした。

対象者は平日の夜や、休みの日の土、日に亘り、頻繁に男性と接触しており、ラブホテルの出入りも4回確認出来た。

男性は依頼者が予感通りバイト先の上司であり、既婚者であった。

W不倫である。

対象者、男性共にとても熱しており、遠方に出かけたときは、頻りに腕を組んだり、手を繋いだりと今後も交際は継続されると見受けられた。

依頼者は調査結果を知ると怒りを通り越し、呆れた様子で離婚を決意されました。

調査期間・1ヶ月と2週間

調査時間・40時間(簡易コース)

証拠取得内容(ラブホテル4回、遠方デート2回、食事6回、買い物3回、車内での接触5回、男性の身元特定)

熊本の浮気調査はヒューマンリサーチへお任せください。

記事担当・熊本の探偵T

 

タグ

2017年9月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

熊本の浮気調査170624

依頼者40代主婦 熊本市在住
夫は転勤族で今年から北九州から熊本に転勤になり家族共ども熊本に転居してきました。
昨年の事ですが、夫の浮気が発覚し、問い詰めたところ、同じ会社の女性との関係をある程度は認めました。
しかし、体の関係だけは否定します。
夫はもうしないと約束し、転勤になった事もあり、私はもうないかなと安心していたのですが、最近、北九州の女性と続いていることが判明しました。
なぜわかったかと言うと、福岡市内に出張と告げていたのですが、ナビをみると北九州に行ってる軌跡が残ってたのです。
私は離婚を考え、弁護士事務所に相談に行くと、体の関係を否認している以上、慰謝料請求もできないし、離婚も難しいと言われました。
弁護士が言うには不貞行為の証拠が必要との事でした。
夫は来週も福岡に出張と言ってます。
その時に調査をお願いします。
調査方法
ご依頼人が指定する出張の日に調査を行う。
不貞行為の証拠が必要なため、ホテル、住居などへの出入りは必須となる。
調査結果
対象者は自宅をでると、熊本インターから福岡方面に進行。
対象者は福岡を通過すると、小倉南インターにて下車。
対象者は住宅街を経て、某アパートへと進行する。
対象者はアパート206号室のインターホンを鳴らし、入っていく。
数時間後、同アパートから対象者が30代女性と出てくると車両にて移動を開始。
その後、食事、ドライブ、買物を堪能し、同アパートへと戻っていく。
対象者は女性宅に一泊し、翌朝そのまま高速にのり出社する。
以降、同様な1泊2日の調査を2セット、合計3セット行ったが全て女性との接触であった。
調査時間、6日間(40時間)
総額35万円(ガソリン、高速費、消費税込み)
熊本の浮気調査はヒューマンリサーチにお任せ下さい

タグ

2017年6月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

浮気調査事例170331

依頼者 40代女性 熊本市在住

相談

今週の土曜日主人が浮気相手と接触することがラインのやりとりでわかってます。

主人とは離婚をする訳ではありませんが、話し合いのためと万が一の時のために証拠をとっておきたいです。

調査方法

対象者は9時ぐらいに自宅を出て、接触すると思われるため、8時30分から自宅スタートで調査を実行。

調査結果

対象者は自宅を出た後、しばらく単身にて行動する。

コンビニエンスストアの駐車場に浮気相手が徒歩にて進行してくると慣れた様子で対象者の車両に乗車する。

移動を始めた対象者、同女性はは1時間ほど移動したところで食事をする。

食事を終えると30分程度移動したところでラブホテルに入って行く。

3時間後、ラブホテルを出た対象者、同女性は移動を始めると待ち合わせのコンビニエンスストアへと進行する。

対象者と別れた同女性は徒歩にて住宅街へと進行すると「〇〇」宅へと入って行く。

調査時間 7時間

写真枚数 42枚

調査料金 7万円(消費税込み)

熊本の即日調査はヒューマンリサーチ

調査担当・探偵T

 

タグ

2017年3月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

熊本の探偵・浮気調査事例16925

相談

夫は学生の頃からバレーをしており、今も19時から地元の小学校などの体育館で週に2度ほど続けています。

以前は22時ごろには決まって帰ってきていたのですが、最近はバレー仲間と食事をしてきたと言い夜中1時、遅いときは3時に帰ってきます。

私的には絶対浮気をしていると思います。

もし、そうであれば浮気をやめてもらいたいですし、改善しなければ最悪離婚も考えています。

なので離婚のために複数回の証拠がほしいです。

illust08

調査

18時半に自宅にて張り込み調査を開始。

数十分後、本人が車両にて移動を始める。

本人は路地を経て「〇〇小学校」へと進行する。

降車してきた本人は同小学校体育館へと入っていき、バレーの練習を始める。

バレー仲間を確認すると数名の女性の姿が確認出来る。

21時半にバレーを終えた本人、及び数十名の男女が出てくる。

本人は単身、車両に乗車し移動を始める。

本人は自宅の方角とは逆に進行すると「〇〇公園」駐車場へと入って行く。

暫くすると、同駐車場に先ほど本人がバレーを行っていた「〇〇小学校」に駐車されていた「スズキワゴンR」(熊本〇〇〇〇)が入ってくる。

同車両より本人と同世代と見受けられる女性が降車してくると本人車両の助手席に乗車する。

同女性の乗車後、直ぐに移動を始めた本人車両は「県道〇〇線」を「〇〇町」方面に進行する。

本人車両が「セブンイレブン〇〇店」に入って行く。

同車両より本人、同女性降車してくると同コンビニエンスストアに入店し「ジュース」「サンドイッチ」「お菓子」などを購入する。

同コンビニエンスストアより移動を始めた本人車両は路地を経て、ラブホテル「〇〇〇ホテル」に入って行く。

日付が変わり2時半前、同ラブホテルより本人、及び同女性が出てくる。

移動を始めた本人車両は来た道を「〇〇町」へと進行すると「〇〇公園」駐車場へと進行する。

同女性が降車し、お互いに別れの挨拶をするとそれぞれの車両にて移動を始める。

同女性車両は「県道〇〇線」を「〇〇町」方面に進行すると「〇〇団地」へと入って行く。

同女性は同車両を降車すると同団地〇棟「〇〇号室」に入って行く。

後日、同女性の身辺調査を行った結果、小学生の子供2人と生活している、バツ1の独身女性で「〇〇株式会社」に勤務する「〇〇〇〇子」と判明。

その後も調査を継続すると他の日にも上記のようにバレーの後にラブホテルに出向き、休みの日には友達と約束があるなどの理由で外出した日に遠方に買い物デートも確認出来た。

調査料金

ラブホテル4回、県外に買い物デートや食事、女性の身辺確認

期間1ヶ月・40時間 総額35万円

記事担当・熊本の探偵T

熊本の浮気調査はヒューマンリサーチ

 

タグ

2016年9月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

熊本の浮気調査事例162

相談

数ヶ月前から夫が浮気をしています。

帰りの時間が遅くなったので怪しいと思い、夫がお風呂に入っている間に携帯をみたら女性とやり取りをしているラインを見つけました。

それでも私は離婚をしたくありませんし、夫も離婚までは考えていないはずです。

ただ、携帯の事を言っても夫の性格上、絶対に認めはしません。

調査の目的は浮気相手を知りたいのと、保険のために証拠をもっておきたいです。

0_1638369

調査方法

対象者(夫)は、会社の帰りに女性と接触している可能性が高い。

夫は会社から自宅までは徒歩とバスを利用している。

帰りが遅い曜日も定まっていないため、会社を張り込み尾行する調査に限る。

調査

調査3日目、会社から夫が出てくると帰路とは違う方角へと向かう。

対象者はコンビニにより、雑誌の立ち読みをし始めるものであり全く帰る様子が無い。

コンビニを出た対象者は某ビルの前に立ち、辺りを見回し始める。

数分後、対象者も元に30代と見受けられる女性が手を振りながら駆け寄ってくる。

対象者は周りの目も気にせずに同女性と手を繋ぎながら移動を始める。

対象者と同女性は停車中のタクシーに乗車。

調査員も後ろにいたタクシーに乗り、尾行を継続する。

対象者のタクシーは繁華街を抜け、ラブホテル「〇〇〇〇」へと入って行く。

2時間後、同ラブホテルに1台のタクシーが到着すると、対象者と同女性が出てくる。

同タクシーにて移動を始めると「熊本市東区〇〇〇」の住宅街に停車する。

同タクシーより同女性が降車してくると暫く住宅街を歩き「〇〇」宅へと入って行く。

その後、同女性の身辺調査を行った結果、実家で親と暮らす独身女性であり、同女性の勤務先は対象者の得意先である事が判明。

報告

依頼者はお互いの親兄弟を集め、今回の調査報告書をもとに家族会議を開き、場合によっては浮気相手の女性に慰謝料の請求も考えるとのこと。

浮気を一種の病気です。一度あることは二度三度と繰り返す可能性が高いのが浮気です。

今回の事を真剣に考え、もう二度と繰り返さないように夫婦とはいえ、夫に誓約書を書いてもらう事も重要です。

調査期間5日(女性の身辺調査も含む) 調査料15万円(諸経費、消費税など全て込み)

記事担当・熊本の探偵E

 

タグ

2016年6月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:浮気調査

このページの先頭へ

イメージ画像