熊本の探偵・浮気調査事例(妻の浮気調査)

相談
ここ半年前から妻が深夜に帰宅するようになった。
遅くなる理由は「友達と飲みに行っていた。」である。
以前は年に1度程度遅い帰宅があったぐらいで頻繁ではなかった。
妻の携帯をみると男性とのLINEのやりとりをみつけた。
内容もかなり親密さがわかりました。
もし、妻が本当に離婚をしているのであれば離婚を考えます。
その際は子供の親権は絶対に譲る気はありません。

140601_chichioya_kodomo

調査方法
対象者の接触タイミングは予想がつかない。
帰りが遅い時も出先から「今日は友達と飲みに行くから遅くなる」である。
依頼者は離婚の意向があるため、複数回の不貞行為の証拠が必要となる。
又、親権を勝ち取るためには夜に子供を依頼者に託し、好き勝手していることを立証しなければならないため、一度や二度の外出では足りない。
毎日調査を実行すれば依頼者の負担が大きくなる事がわかる。
よって、妻の車にGPSを付け、監視状態におき、動きがあった時(帰りが遅い日)に調査を実行することで無駄な調査費用をカットし重要なときのみに費用をかける事が可能となる。
調査時間40時間 期間1ヶ月程度 総額35万円

調査結果
調査期間は1ヶ月と2週間費やしました。
ラブホテル5回、食事デート3回、男性(浮気相手)の身元の特定、男性の勤務先特定
上記の結果となった。

ご報告
報告書をみられた依頼者は覚悟をしていたのか動揺がまったくなく、有利な離婚の仕方を聞いてこられました。
私達は協議、調停のいろはを説明いたしました。
依頼者は協議することを選択されましたので、協議の進め方、離婚協議書を作成(サービス)してお渡ししました。
重要な親権問題は男性(浮気相手)への慰謝料請求をしないことを条件に親権をもらう方向で協議することになりました。

熊本の探偵業務、浮気調査はヒューマンリサーチへご相談ください。
記事担当・熊本の探偵S


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

今回の記事はいかがでしたか?応援クリックをよろしくお願いいたします
↓↓↓

探偵・調査 ブログランキングへ


電話での探偵無料相談は24時間受け付けております。

お得な簡易コース

探偵事務所フリーダイヤルインターネット限定探偵料金



このページの先頭へ