ラブホテル張り込み

探偵の仕事で多いのはラブホテル張り込みです

安易のようで実は奥が深いのです

ラブホテルは誰でも立ち入る事が出来るのではありますが当然ながら施設の利用が前提で、私たちは不審者にみられます

今のラブホテルは何処も監視カメラが何台も設置されており少しでも不審な行動をすれば直ぐに店員が出てきては「なんですか」と声を掛けられます

しかし、ラブホテルの証拠は一番重要でありますので引き下がるわけには行きません

そこで私たちは様々な工夫をして証拠収集を行います

ひとつ例に上げますと張り込みが困難なラブホテルでは小型カメラを設置し、送信機で映像を飛ばし、張り込みが可能な敷地外でその映像を受信機で受け録画します

ラブホテルに対象者が入った場合、調査員はどのようにすれば一番良い映像が撮れるか、そのホテルの状況をみて判断し張り込みに徹しています

暖かくなりました

今年の冬は大変寒かったです。

で、晩御飯は三日に一度は「なべ」になりました。

水炊きがナンバーワンなんですが(ポン酢にゆず胡椒は絶対)

タイしゃぶはヒットでしたね。

タレを「とうからし&すりゴマ」ベースにして豚肉に水菜をいれれば

無理やり「タイしゃぶ」と言い張ることが出来ます。。

探偵の必要性

複雑化した現代社会の乱れを間近で見ては驚きの毎日です

なぜ世間は探偵を必要としているのか?

離婚、慰謝料、人を探す、娘の婚約相手の素性と需要を様々ですが、私は最終的に依頼者の心のケアが出来たと実感した時がこの仕事の醍醐味だと思います

特に浮気調査の場合、依頼する方は誰にも相談できない、一人で悩み、精神的な苦痛の日々といったように、調査依頼に来られる方は殆どの方がこの様な状態であります

しかし、これが現実です

前向きに考え、解決に向け努力しなければいけません

よく「我慢すればいいのよ」と言われる方、思われている方もおられるでしょう

しかし、せっかくの人生です たった一度の人生です

なにも泣き寝入りする必要、我慢する必要は無いと思います

現に「あの時、対処しておけば・・」と後で後悔される方を多数みてきました

一度、わかり合えて一緒になったパートナーです

今苦しんでいる心境を一番理解できる人(パートナー)と言っても過言ではありません

必ずその人にあった解決策があります

我慢するだけでは解決に繋がりません

勇気を持って、現実から逃げない事が解決の第一歩です