浮気調査事例180218

相談内容(熊本市在住30代・公務員)
1年前、夫婦喧嘩の際に夫から軽い暴力を振るわれ、それから私の気持ちがついて行かず仲直りはしているものの夫婦間は冷え切ってしまいました。
この状況の中で夫も自宅に帰らなくなり「会社に泊まってる」
と言い、週末に子供に会う為に帰宅するような生活になりました。
ある日平日、夫の会社の前を通ると夫の車も止まっておらず、会社の電気も真っ暗。
気になり出し、連日確認に行くと会社に泊まっている様子はない為、もし女性関係であればここで私もケジメをつける為、離婚に踏み切りろうと決意しまし調査依頼をしました。

調査内容
現在、別居中の為、対象者の行動パターンが全く読めない為、先ずは帰宅先を判明。
同居人がいる場合はその人物の勤務先、素性等を判明させる。
週末は依頼者や子供と過ごす為、平日の退勤時間以降に比重をおく。
離婚を目的にしているため、帰宅先での女性との接触があれば離婚がスムーズに成立される。

調査結果
対象者は勤務先の近くにアパートを借り、連日アパートに帰宅。
同アパートに毎日女性がスーパーの袋を手に入室し夕食を共している様子。
女性はバツイチの子持ちということが判明し、子供は実家の両親が面倒を見ている状態。
アパートからは毎回、朝方6時に女性が退室→子供の待つ実家に帰宅→子供を学校に送り出し→女性は出勤。
女性は対象者の会社の事務員であることが判明し、依頼者も顔見知りであった。
依頼者の子供達と浮気相手の子供は同じ校区内の小学校であることも判明。

調査時間 30日 40時間
調査料金35万
総額35万 ガソリン、高速費、消費税込み

調査担当・探偵S 熊本の探偵はヒューマンリサーチへお任せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です